毎度ご覧いただきましてありがとうございます。
ここのところ連投のスタッフOでお送りします。

表題の通りkatoの新商品が入ってまいりましたのでご案内を。

kiha85z.JPG
まずキハ85。
従来のキハ82の老朽化に伴いこれを置き換えるべくJR東海のワイドビュー車両の先陣を切って登場。
JR化後の新型車両が行き交う今でも古さを感じさせないデザインでカッコイイ車両かなと。
基本増結で普通に遊ぶもよし、実車よろしく先頭車たくさんつなげて遊ぶもよしで遊び方はたくさんですよ。
スタッフOとしては推せる商品です。

koki104k.JPG

続いてはコキ104。
ご当地のラインナップなのでいっぱい入ってきてます。
今月再生産予定のコンテナ各種との相性もばっちり。
青いコンテナや赤いコンテナのみならず大きいサイズのコンテナを積載しても違和感ないのでいろいろなコンテナとセットでぜひ。

413455r.JPG413455b.JPG

続いてはマイクロエースの413系と変形車のクハ455のセット2種。
青の方は第3セクターになったエリアを含め北陸本線、赤の方は七尾線で活躍。
近年動きの激しい北陸エリアの車両の中で国鉄スタイルを残す数少ない存在ですね。
実車は動行が気になるところではありますが模型ならいつでも見れます。
入荷数も少ないので気になる方はお早めに。

tec10004.JPG

こちらは少し変わった車両で試作新幹線車両の1000形。
1964年のオリンピック開業を目指して建設がすすめられた東海道新幹線ですがこの開業に間に合わせるべく製造されたのがこの車両。
鴨宮の実験線での各種試験を終えた後は現在のドクターイエローの元祖の車両に改造されました。
製品は鴨宮での実験時のスタイル。

これより後は新商品とは別に入荷した珍しいものを。

shizuA3000green.JPG

一つ目はグリーンマックスの静岡鉄道A3000形。
レインボー塗装の第一弾。実車が虹色で揃うのも楽しみです。

kiha45s.JPG

二つ目。JR化後のキハ45。四国色。
キハ40系列に似た側面ながら裾が絞られていないので少し野暮ったく見えるのもまた魅力的な車両かなと思います。
実物が全く現存していないのが悔やまれる形式...

24chuo.JPG

最後三つ目。大阪市交通局中央線24系。
中央線と聞くと東京から塩尻経由して名古屋のあちらを思い浮かべがちですが大阪にもあるんですよ。
24系って聞くと青い方の客車を思い浮かべる方も多いかと思いますけどこんな車両もあるんですよ。
鉄コレの同中央線車両の相方には格好かと思います。あるうちにぜひ。
乗り入れの近鉄7000系はいつか出るのでしょうか...

今回のご紹介はここまで。皆様のご来店をお待ちいたしております。
毎度ご覧いただきましてありがとうございます。
ゴールデンウイークぶりの更新となります。担当スタッフOでお送りします。

今回もちょっと珍しい商品のご案内をさせていただこうかと。

D51nagano.JPG

まずは機関車から。
D51の長野式集煙装置付。
煙突周りが賑やかで少しごつめに見えるあたりに魅力があろうかと。

dd16304.JPG

続いてはDD16のラッセル車仕様。DD16-304号機。
実車は大糸線でのお勤めを終えて今は津山の機関庫でのんびり余生。
模型としても省スペースで楽しめるのでスタッフOとしては推していきたい一品です。

165ina.JPG

続いては電車。
165系急行伊那。katoさんの飯田線シリーズの役者の一員としても、また省スペースレイアウトでの活躍としても楽しみ方の多そうな一品かと。
スタッフO的に魅力を感じているのはヘッドライトレンズ。tomixにも引けを取りません。

mc11.JPG

お次はクモハ11の南武線。
17m級の小柄な車両が2両と小さく模型を始めるにも好的な品です。
実車のクモハ11側は長く大船工場で眠っていたそうなのですが最近解体処分となってしまったそうで...趣味的なことを申すと寂しいなと思わざるを得ません。


次の品物は結構なレア品。気になる方はお早めにですよ?




aki1967.JPG

katoさんの急行安芸、1967年仕様の特別企画品です。
もう入ってくることもないだろうなと思っていたところに入荷してきた商品で2度目はなさそう...
なのでラストチャンスですよ。
カニ38に注目しがちですが3軸台車のマシ38も中々に魅力的。

chuko.JPG

その他中古品も珍品があったりなのでぜひ広島府中店へお越しいただければと思います。

みなさまのご来店をお待ちいたしております。


ご覧いただきましてありがとうございます。最近よくブログ書かせていただいてますスタッフOです。

これを書いているのが5月の4日なわけですが、明日がこどもの日。
という事で?レアなプラレール中古品をドドーンと大放出する予定です!

一部のご紹介を以下の画像で。

pura2.JPGpura1.JPG

このほかにもまだまだ出しておりますので気になる方はぜひ広島府中店まで!
みなさまのお越しをお待ちいたしております。
ご覧いただきましてありがとうございます。スタッフOです。

ひとまず先にしばらく在庫が切れていたtomixの室内灯入荷のご案内から。

shitsunaitou.JPG

227系にも取り付けができる、tomixの0733、白色のLCタイプになります。
こちらの6本入りも近日再生産予定。

で、ここからが本題になるのですが今月5月の13日(土曜日)1700より当店スタッフで室内灯の取付の方法を店頭で実演しようか?という当店店長との話になりまして。
TOMIXとKATO製の車両で室内灯には興味があるけど付け方がいまいち...という方や全くやり方が分からないから聞いてみたい!という方がいらっしゃいましたら店頭にて取り付け方講習を致しますのでお越しいただければと思います(当店スタッフが取付をするサービスではございませんのでご了承ください)。

またこの講習会?の後はレイアウトを夜景モードにいたしますので取付した後はレンタルレイアウトでお楽しみいただくのもお楽しみいただけるのではなかろうかと思います。

以上スタッフOがお送りしました。

度ご覧いただきましてありがとうございます。スタッフOです。

4月の月末新商品が入荷しましたのでざっくりとご紹介...のつもりだったのですがHさんからレビューして頂けそうなので私からは当店の珍しい商品をご紹介。



E3nasuno.JPG

まずは新幹線から。
限定品のE3系のなすのです。
白ベースのカラーリングにピンクの帯がキュートに感じるのは私だけでしょうか?

ltdexp.JPG

こちら当店の新旧特急列車が並ぶコーナーになりますがこの中から...

shilfead.JPG

じゃん。マイクロエースのシルフィードです。
スタッフO的には結構レアだと思うんですけどいかがでしょう?

あとはこちらに関連して

4853000kanu.JPG

485系3000番台の上沼垂色です。
今なら基本増結揃いますよ。

続いてのご紹介は同じく特急型の...

kiha8500.JPG

名鉄キハ8500系です。
実車は引退して久しいのですね。実車はJR東海のキハ85と連結して走っていましたので来月発売予定のkato製キハ85とあれやこれやをお考えいただくのも面白いかも?

続いてのご紹介は通勤・近郊型。

323521.JPG

katoの521系とtomixの323系です。(書いた直後辺りに売り切れに...申し訳ありません)
どちらも西日本の顔!といったスタイルの車両ですね。
こちらも在庫僅少です。気になる方はお早めに。

今回のご紹介は以上の品々で。
気になる商品ございましたらぜひご来店ください。
P_8.jpg
ジオマトリックス製品各種入荷しました。初心者向け(?)にも記事を、ということで第一弾、幕の貼り方です!115系や227系、その他全車種共通の方法です。
(よくシールが雑に貼られている中古商品を見かけます。なんか...あぁ...と感じてしまいますね...。)
 P_1.jpg
まずシールを切り出す前に刃を新しい状態にしておきましょう。30度鋭角刃だとなおよしです。
P_2.jpg
今回は岡山をチョイス。まず上下をカット。補助線がある場合は補助線の真ん中に合わせてカットします。補助線のない場合はフチの0.2㎜(髪の毛ほど)内側をカットするとだいたいうまくいきます。
きちんとハマってくれるか不要な部分で試すことをおすすめします。←大事!
P_3.jpg
つぎに左右。1つずつではなく、まとめてサーっとカットした方が大概うまくいきます。(経験)
P_4.jpg
カットした幕をピンセットで取り出し。台紙(ジオマトは透明フィルム)を手で軽く折り曲げてシールを浮かせたところを拾います。ほじくり出すのはNG。
P_5.jpg
取り出した後にひと手間。断面の白い部分をマジックペンで黒く。案外目立ちますからね...
幕の角が丸みを帯びている場合はこの時に角を落としておきましょう。
糊にゴミが付いてはいけないのできれいなカッターマットを用意してくださいね!
P_6.jpg
車体側面に貼ります。軽くつかむ程度で持ち、場所を合わせたら指の腹で押さえて固定します。
P_9.jpg
次に前面。ここも同様です。(岡山の車は前面に英字が表示されないのでこの後回送に変えました)P_10.jpg
完成!
シールの貼り付けが「上手にできるかどうか」は、車両を「活かすか殺すか」を決める大事なことだと思います。すこ~しめんどくさいですがひとつひとつ気合を入れて頑張ってください笑

スタッフH
ご覧いただきましてありがとうございます。スタッフOです。

先日毎度鉄道模型の記事ばかり...と嘆かれて?しまったので(時期的に少し早いですが)たまにはグッズの紹介を。

suicabag.JPG

Suicaペンギンがどどーんと主張してるビーチセット。
クリアブルーで涼しげな感じで夏が楽しみになれそうです。


beachboal.JPG
ukiwat.JPG
babyukiwa.JPG
pool.JPG

続いての商品はトーマスシリーズでずらりと。
ビーチボールに浮き輪が3サイズ、ビニールプールもご用意と今なら一通り夏遊びできちゃいそうな感じです。

今回のご紹介はこんな感じでシンプルにしてみました。
このほかにも雨の季節用の傘や長靴などもご用意がございますので是非是非足を運んで頂ければと思います。

IMG_8888.JPG
画像の通り、以下の商品が入荷しました!

・681系しらさぎ基本
・209系500番台武蔵野
・209系500番台中央・総武緩行基本増結

簡単ながらレビューを...。(+α小話)
実車についてそこまで詳しくないですが、無い知識を絞りながらつづります。
IMG_8903.JPG
681系の貫通、非貫通先頭車。シャープが効いており非常に良い出来です。
貫通顔の連結器がフック付きで電連のよう!GOOD!(521系の二の舞回避笑)
IMG_8890.JPG
IMG_8891.JPGIMG_8904.JPG
車体側面のショット。若干アイボリーが濃いめ、帯が薄めのように感じます。(気にしない?)
マークはきれいな印刷です。少し気になるのがドア横のLED表示部分の所。貼り付けたときにフチがグレー、白、黒の三重奏にならなければ良いのですが...。
床板を頑張ってボディマウントにして欲しかったのがユーザーの本音だとか?笑
IMG_8892.JPG
IMG_8905.JPG
屋根のクーラー、パンタグラフ周り。クーラーは作り分けられています。シルバーをきれいに吹き付けてもう少し光沢を持たせても良いと思います。
パンタグラフ周辺の機器はいつも通りの出来。機器の色入れをするとより目立つと思います。(各自の工夫次第ナリ)
IMG_8894a.JPGのサムネール画像
続いて209-500中央・総武緩行。帯色がかなり実車に近く高評価、という話を聞いてから拝見したのですがまさしくその通り。路線カラーは車両が変わっても受け継がれるその路線のアイデンティティ。山陽地区にも黄色がいますがあれはアイデンティティの喪失。
IMG_8895.JPG
配管が引いてある妻面。最近の製品はシャープさ、忠実さからほっそい配管がへばりついているようなものが多いですが、"模型的な見栄え"と考えたときはマイクロさんやGMさんのようにやや強調気味の方がいいのかもしれませんね。
注目はPS28。とにかく小さい!しかも舟は抜群の安定性!ナイス!!
IMG_8902.JPGのサムネール画像IMG_8901.JPGのサムネール画像
車端部のショット。カプラーはボディマウントで旧タイプのフックが付いたもの。521系でライトグレーの新カプラーを出したことですしダークグレーもお願いしたいところです。ただメーカーが妙に押している車体間ダンパを取り付けられないので、あくまでオプションパーツ扱いでしょうか。
IMG_8898.JPG
こちらも209-500ですが武蔵野線。ライトケースが反射してかっこ悪い...と感じたときはハセガワのクリアーガラスフィニッシュ。無着色のクリアパーツに深みを持たせるひと手間。是非お試しあれ。(再生産されました)

IMG_8899.JPG

IMG_8900a.JPG
車体側面のショット。車体中央部の帯の塗り分けが美しすぎる!
少し厚ぼったく感じますが(特にドアゴム付近や乗務員手掛け付近)、タミヤの墨入れ塗料などを流してあげればシャープさを出せると思います。

小話~墨入れについて~
ドアゴムや223系の乗務員扉周りの溝など「黒い!」という場所はタミヤ墨入れ塗料(など)を原液のままで使用して良いですが、他のモールド(ルーバーや蓋の溝など)に流し込むときは2倍程度に希釈することをおすすめします。墨入れ塗料でドバドバ模型を染めるのはナンセンス!

以上、スタッフHが担当しました。

追記:広島地区関連のジオマトリックス製品も入ってきております。


毎度ご覧いただきましてありがとうございます。今回はスタッフOがお送りします。

表題の通りにKATOのC11が入荷いたしましたので簡単ながら早速ご紹介を。

DSC_0244.JPGのサムネール画像のサムネール画像

まずは前よりから。SLの顔といえばこちら側、という方も多かろうと思います。
小柄ながらに力強さを感じるスタイルはさすがKATOさんといったところでしょうか。

DSC_0246.JPGのサムネール画像

続いては先輪付近をアップで(ボケてて見づらい...)
注目点としてはやはり『抜けている』スポーク車輪でしょうか。
走行させると回転しているのが分かるギミックというのは見ていて楽しいものだと思います。

DSC_0248.JPGのサムネール画像

次に後ろ側から。
実車はターンテーブルなどの方向転換ができる設備がない線区を走る機会も多かったのでこちら側を先頭に走行する場面も多かったようです。
大井川鐡道さんが近年まで前述のスタイルでやっておられたので若年の方でも記憶にある方もおられるのでは?
スタッフOはこちらが前側で走るスタイルには大型機の力強さとはまた違った魅力を感じます。

最後にちょっとした小話を。
当店のすぐ前にC11の本物が展示してあります。ご来店の際にはこちらのC11を眺めてお帰りになるのも面白いかと思います。新たな魅力に気付くかもしれません。
DSC_0249.JPGのサムネール画像DSC_0250.JPGのサムネール画像

IMG_8514.JPG
鉄道コレクション24弾入荷しました。もちろん箱で購入。こんなバリエーションで出されると買うしかないですよね...。あまり詳しく知らないのでレビューは簡単に。
まずはクモハ123-1。晩年仕様です。
IMG_8515.JPG
インバータークーラーがそそります。クーラーの出来が良い...
IMG_8526.JPG
鉄コレ20弾の旧塗装と。(左も私が買って帰りました)
IMG_8517.JPG
紀勢本線の113系2000番台。系列、番台名を聞くとまともな子ですが異端児です。写真だとわかりにくいですが帯色の薄いラベンダー色もきちんと再現されています。
IMG_8523.JPG
クモハ112-2000。戸袋窓とワンマン表示器がアレなそうですが気にする方は直しましょう。手を動かすこと、大事です。
IMG_8520.JPG
東北本線の717系(登場時仕様)。九州地区は200番台ですが全然違います。
IMG_8521.JPG
AU13Eのボコボコ感がたまりませんね。広島地区だと650番台や550番台、600番台などを思い出しますね...懐かしい。いや、まだいるな...
IMG_8522.JPG
モハ717-2の屋根上。クーラーの出来が良すぎて驚き。シャープ効いてて本当に素晴らしい。
(AU13Eとの出来の差にさらに驚き)ベンチレーターの配置が非常に惜しい(トミーテックのプロトタイプ選別上の問題)そうです。僕はこれをどうにか413系みたいに出来ないか思案中です。
IMG_8518.JPG
713系900番台。無知な私は先述の717系と混同します。実車はこの後改番され、現在はあの派手な姿で走っています。マイクロエースさまより発売予定。
IMG_8524.JPGのサムネール画像
屋根上。参考までに。
IMG_8519.JPG
サンパチくんこと113系3800番台。サンパチくんボード(保護板)の青帯が低いとか。確かにそれも気にするところではありますが僕のサンパチくんはボードの天地が逆でした。不思議なことにすぐには気付かず。それほど地が強烈ということでしょうか。
IMG_8527.JPG
これも参考までに475系のパンタグラフ周り。
今回発売の24弾と屋根を切り継げばあれやこれや作れるような気がします。

今回の24弾はエラーの多い品だと巷で騒がれていますが、私の場合そういうところで「自分だけの模型が作れる!」と逆に心が躍ります。「技量がないから...」、それは手を動かさないからです。せっかくのこの機会、きっかけとしてみてはいかがでしょうか。
みなさまの創作料理を楽しみにしています^^

担当:スタッフH