「hoki1000」と一致するもの

商品開発担当です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さてお正月休みを終えてすぐの3連休。

お正月から発売を開始しましたオリジナルのあれ、まだありますヨ。

W18F.jpg

ポポンデッタ店舗・通販限定販売の収納ボックス
「W18Fコンテナ収納ボックス」。
JOTの収納ボックスで採用しました印刷で鮮やかに仕上がっています。
店舗まだあるようですが、数量限定ですのでお早めに。。。

通販は「こちら

40L-19D1_(1).jpgのサムネール画像

また、「19D形式コンテナ収納ボックス(19D-1)」も好評発売中です。

収納ボックス祭り開催中のブログは「こちら」。


kokutetsucon1.JPG
「国鉄コンテナバッグ」も好評発売中です。

福袋にも入れさせていただきましただ、2個・3個と複数買いの方も
いらっしゃるようで。。。

詳細・通販は「こちら

模型ももちろんあります。

1/150ダイキャストバス「日野セレガスーパーハイデッカー」の4種。

s-8213.jpgのサムネール画像

s-8214.jpgのサムネール画像のサムネール画像

s-8215.jpgのサムネール画像のサムネール画像

s-8216.jpgのサムネール画像

本部の在庫は余裕を持っていますが、年明けで出荷していますので
今度の連休明けには少なくなっているかもしれません。

商品詳細は「こちら


また、1/150 「20ftタンクコンテナ ビームタイプ」もございます。

s-IMG_5965.jpgのサムネール画像

全国で見ることができるJOT最多バージョンのタンクコンテナです。

s-IMG_5968.jpgのサムネール画像

食料品・医薬品の原料を運ぶタンクコンテナ。
関東や九州で見かけることがあり、
最近は海上コンテナに積まれることも多いとの情報です。
港が似合うコンテナなのかもしれません。

s-IMG_5966.jpgのサムネール画像

北陸から九州方面に日本を横断していたコンテナ。
最近輸送を終了したとのお話があります。
他にもいろいろな色があったそうです。

こちらも本部在庫は余裕を持たせていますが、
多くの追加をいただいております。ありがとうございます。

詳細は「こちら


最後に今後の予定です。

s-20150430 安中貨物.jpg

完全新規金型で進行している「安中貨物」の車両
・タキ1200
・タキ15600
・トキ25000
ですが、品質など再調整のうえで生産を行うこととなりました。
(画像は実車です(スタッフ撮影))

たくさんのご注文をいただいております。ありがとうございます。
いろいろとご意見をいただいておりますが、皆様に「いいね!」と
言っていただける商品をご提供できるよう準備いたしております。
情報は順次お伝えしてまいります。

通販は「こちら

s-hoki1000.jpgのサムネール画像
中京地区の「白ホキ」ホキ1000。
図面がほぼ終わり金型に進もうかというところ。
こちらも情報は順次お伝えしてまいります。

通販は「こちら

2017年もポポンデッタのオリジナル商品をごひいきに。。。


商品開発担当です。

こちらをちらっと。

hoki1000 1st.JPG

3D。

細かなところは現在も修正中。
基本は現在の姿です。

パーツを共用とする箇所がありますので、
実車と異なる箇所が発生することとなりますが、
違和感のないように製作していく予定です。
ご了承ください。

車両番号(予定)
7506 太平洋セメント 8両セット
1000-4/1000-5/1000-12/1000-13/
1000-16/1000-17/1000-23/1000-24

7507 太平洋セメント 4両セット
1000-14/1000-15/1000-25/1000-26

7508 小野田セメント 8両セット
1000-2/1000-3/1000-10/1000-11/
1000-18/1000-19/1000-27/1000-28

7509 小野田セメント 4両セット
1000-8/1000-9/1000-29/1000-30

今後もチョイチョイご案内する予定です。

通販は「こちら」。
商品開発担当です。

安中貨物の次はどうしよう。。。と
考えて出した答えはこちら

s-hoki1000.jpg

「ホキ1000」。
三重県の三岐鉄道東藤原駅から
愛知県の衣浦臨海鉄道碧南市駅の間で運用されています。
東藤原駅近くの「太平洋セメント藤原工場」からは
発電所で使用する「炭酸カルシウム」を、
碧南市駅近くの「中部電力碧南火力発電所」から
発電後に生成される「フライアッシュ(石炭灰)」を運んでいます。
行きと帰りで違うものを効率よく輸送できるようにと設計。
この輸送用の専用貨車となっています。

s-hoki1000-9.jpg

反対側(ちょっと陰になってますが)。

白くて大きい車体。最長16両で動いているとのこと。
安中貨物の車両とはまた違った雰囲気で
楽しめるのではないでしょうか。

予定のラインナップ。
この列車も編成で動いており、「セット」でご用意することとなりました。

7506 ホキ1000太平洋セメント 8両セット ¥21,600+税
7507 ホキ1000太平洋セメント 4両セット ¥11,000+税
7508 ホキ1000小野田セメント 8両セット ¥21,600+税
7509 ホキ1000小野田セメント 4両セット ¥11,000+税

登場時は「小野田セメント」、現在は「太平洋セメント」の表記です。

現在図面がそろそろ終わろうかという状況、
順調にいけば来年7月頃リリースです。

ポポンデッタ通販は「こちら
商品開発担当です。

11/15に再生産の「ホキ10000」が出荷となりました。
「秩父セメント」石炭、石灰石。
「太平洋セメント」石炭の3種をリリース。

hoki10000 2p.jpeg

通常バージョンはお客様のお声を伺って、2両セットとしてみました。
赤い箱のパッケージでウレタン入りです。

hoki10000 hanshaban.jpegのサムネール画像

1両単品は「反射板付き」としてリリース。

車両番号も旧河合商会の商品も含めてなるべく一緒にならいように設定しています。

特に反射板付きは、河合時代でも単体販売はなかったものになりますので、
お持ちの車両への増結で最後尾に・・・という感じでどうぞ。

ちなみにですが、、、「車両ケースにしまうのどうしよう・・・」とお考えかと思いますが、

hoki10000 case1.jpegのサムネール画像

KATOさんやCASCOさんの空ケースに・・・

hoki10000 case2.jpegのサムネール画像

こんな感じで8両ぴったり入ったりします。
私なら秩父から太平洋への表記切り替え時期をイメージして
半々で揃えるかなぁ・・・

この収納方法、ほかの車両でもできますのでお試しください。

ラインナップです。
・7201 ホキ10000 秩父セメント 石炭2両セット ¥3,600+税
・7202 ホキ10000 秩父セメント 石炭反射板付き ¥1,900+税
→現在の「太平洋セメント」の旧社名。埼玉県の秩父鉄道から東京方面での運転。

・7203 ホキ10000 秩父セメント 石灰石2両セット ¥3,600+税
・7204 ホキ10000 秩父セメント 石灰石反射板付き ¥1,900+税
→現在の「太平洋セメント」の旧社名。三重県の三岐鉄道から名古屋方面での運転。

・7205 ホキ10000 太平洋セメント 石炭2両セット ¥3,600+税
・7206 ホキ10000 太平洋セメント 石炭反射板付き ¥1,900+税
→現在の姿です。埼玉県の秩父鉄道から東京方面で運転中です!!

「太平洋セメント」のバージョンはバックオーダーがかなり来ております。
お買い逃がしの無いように。。。

通販は「こちら



11/24 追記

ホキ10000ですが、11/15に発売開始しました。

詳しくは「こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商品開発担当です。

しばらく「メーカー在庫なし」となっていた「ホキ10000」の
再生産を行うこととなりました。

*画像は旧製品です。

s-7008 hoki10000 chichibu sekitan.jpg

s-7007 hoki10000 taiheiyo sekitan.jpg

再生産をするのは「秩父セメント」の石炭・石灰石と、「太平洋セメント」の石炭です。
今回の生産では、
・2両セットでの発売
・「反射板付き」車両の設定
を行います。

車両番号は旧河合商会時代のものとは一緒にならないように現在選定中です。

ちなみに「反射板付き」はというと・・・

s-hanshaban.jpg
こんな感じで「反射板」パーツを取り付けた車両を製作。
こちらは1両単品での予定です。

これまで買いそろえた車両への増結や、最後尾に反射板付の車両を連結して
よりリアルな編成を楽しんでいただくなど、遊び方か変わると思いますヨ。

ラインナップ
・7201 ホキ10000 秩父セメント 石炭 2両セット ¥3,600+税
・7202 ホキ10000 秩父セメント 石炭 反射板付き 1両単品 ¥1,900+税
→現在の「太平洋セメント」の旧社名。埼玉県の秩父鉄道から東京方面での運転。

・7203 ホキ10000 秩父セメント 石灰石 2両セット ¥3,600+税
・7204 ホキ10000 秩父セメント 石灰石 反射板付き 1両単品 ¥1,900+税
→現在の「太平洋セメント」の旧社名。三重県の三岐鉄道から名古屋方面での運転。

・7205 ホキ10000 太平洋セメント 石炭 2両セット ¥3,600+税
・7206 ホキ10000 太平洋セメント 石炭 反射板付き 1両単品 ¥1,900+税
→現在の姿です。埼玉県の秩父鉄道から東京方面で運転中です!!

10月発売予定。どうぞお楽しみに!!

10/26 追記
ご案内のホキ10000ですが、諸事情により11月に延期となりました。
もう少々お待ちください。
1

月別アーカイブ